現在、日本は、少子高齢化の中、メタボリックシンドロームやロコモティブシンドロームという定義が提唱され、

国の医療費削減が求められている。特に、水中運動は、高齢者に対し、有酸素性運動と低負荷の筋力トレーニングに

より、膝や腰が悪い人でも運動を継続的に実施でき、効果的であることがわかった。

そこで、「浮力」「水圧」「抵抗」「温熱」の水の物理的特性をいかした水中運動を行うことで、

陸上での疲れをとり、より健康で楽しい人生を送ってもらいたい。